So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows XP 寿命あと1年 [IT関係]

スポンサーリンク




Microsoftより、

『来年、2014 年 4 月 9 日 (日本時間) をもちまして、Windows XP、Microsoft Office 2003、Internet Explorer 6 のサポートが終了いたします。
つきましては、サポート終了にともなうお客様への影響や、最新版への移行方法などについてご案内差し上げますので、ぜひご確認いただきますようお願い申し上げます。』

とあります。
xp.png

Windows XP/Office 2003/Internet Explorer 6 をお使いの、全ての方が対象となります。


windows XPは2014 年 4 月 9 日 (日本時間) にサポート期間が終了した後はセキュリティ更新プログラムなどの重要なサービスが提供されなくなります。

すなわち、新しい問題が見つかっても、何ら対策は講じられ無いという事です。



【セキュリティ更新プログラムとは】

マイクロソフトが提供する各種ソフトウェアのセキュリティ関連の脆弱性 (弱点) を修正するために提供される修正プログラムです。定期的に提供されるものだけではなく、脆弱性の深刻度に応じ緊急的に提供されるものもあります。脆弱性を修正しない状態でインターネットに接続すると、ウイルス感染や情報漏洩などのリスクを伴う場合があります。


マイクロソフトのサポートなしに使い続けるのは、大変危険です。

サポート期間の終了とともに、パソコンが突然動かなくなる……というわけではありませんが、事実上、XPはあと1年で使えなくなると考えた方が無難ですね。


XPからWindows 8に乗り換えることも可能です。ただし、あまりにも古いXP搭載パソコンはシステム要件(パソコンの性能含む)を満たせず、使えない場合もありますので注意が必要です。


どうしてもXPが使いたいんだ!という方はインターネットに接続しないで利用するくらいしか、打つ手はありません。


ウイルスバスターなどのセキュリティソフトは使えますが、XP自体の修正プログラムが2014年4月9日で配信停止になるので、セキュリティ上危険な状態が続きます。
ウィルス感染率が高くなります。
shikumi_h201blocktopimg05.gif


Windows XPの数を正確に数えることはできませんが、調査会社のIDC Japanは2012年11月時点の数字として、日本国内の企業・法人が使用する3517万台のPCのうちWindows XPが1419万台(40.3%)存在するとしています。それに続いて、Windows 7の39.9%、Windows Vistaの15.8%が続きます。

これに個人を加えるとさらにXPユーザーは増えると思いますが、Windows XPにはいまだに毎月10件程度の脆弱性(弱点)が見つかっているとのことらしいので、

早めに中古でもいいのでwindows vista以上のパソコンを準備しデータ移行することオススメします。

私はwindows 8 に残念さを感じmacに乗り換えましたが(笑)


最後に


XP, Vista, 7 or 8 の起動速度対決!結果の意外さにびっくりです。(個人的に)




では、よい1日を!








スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。